消費者金融のカードローンを利用する際、どの業者を選ぶのか迷うという人も多いでしょう。
返済のことを考えて少しでも金利の低い業者を選ぶという人もいるでしょうし、利便性を考慮してコンビニのATMやネットバンキングなどから手軽に利用できる業者を選ぶという人もいるでしょう。
また、審査ができるだけ甘いところを選ぶという人もいるかもしれません。
業者選びの基準として、融資の申し込みから実際の融資までのスピードが速い業者を選ぶという人も多くいます。
手持ちのお金が少ない時に家族が病気になって治療費が必要になったり、家のパソコンが故障して買い替えなくてはならなくなったり、急な飲み会が入ったりといったことは誰にでも起こりえます。
「どうしても今すぐお金がほしい」という場面では融資スピードはとても重要なファクターとなるのです。
こういった時に頼りになるのが「即日融資」というサービスです。
最近ではどこの消費者金融も融資までのスピードが速くなってきていますが、どうしても今日中にお金を借りたいという人は、このサービスを利用してみるとよいでしょう。
業者によっては申し込みから1時間程度で口座に現金が振り込まれることもあるので非常に便利です。
このスピード融資を可能にしているのが審査の自動化です。
消費者金融からお金を借りる際には審査が必要となりますが、そこでは主に「属性情報」と「信用情報」から融資が可能かどうかを判断しています。
属性情報とは借り手の年齢・性別・職業・年収などの個人情報のことで、信用情報とは借り手のこれまでの借入状況や返済状況といったものです。
業者ではこの2つの情報に対して項目ごとにポイントを割り当て、そのポイントに応じて融資の可否を決定したり、融資限度額の決定を行っているのです。
しかも、こういった手続きをすべてコンピューターによって自動化することで、わずか数十分で融資が行われるのです。
審査があるということはサービスを希望する人の中には利用できない人もいるということになりますが、では即日融資を利用するにはどのような条件を満たす必要があるでしょうか。
まず、大前提として「20歳以上で安定した収入がある」ということが条件になります。
この条件を満たしていなければ消費者金融を利用することはできません。
安定した収入というと正社員でなければ借りられないような気がしますが、実際には派遣社員やパート・アルバイトの人でも返済能力があれば借りることはできます。
ただし、安定した収入があっても、すでに複数の業者から総量規制(年収の3分の1を超える借り入れはできないという取り決め)に引っかかる借り入れをしている場合や、過去に借りたお金の返済を焦げ付かせてブラックリストに入ってしまっている場合には融資を受けることはできません。
中には「ブラックでも貸します」と宣伝している業者がありますが、そういった業者はヤミ金で法外な利息や手数料を請求したりするので、絶対に利用しないようにしましょう。

Comments are closed.

Post Navigation