「金のなる木」があったら良いのにというジョークが昔からありますが、花月という植物の葉は日本円硬貨に似通っている事から「金のなる木」と呼ばれているそうです。
勿論、花月という植物に硬貨や紙幣が花の様に咲いたり、植物を引っこ抜くとサツマイモの様にお札が出来ているという事はありえませんが、本当にお金が必要で窮地に立たされた時にはそんな妄想めいた事を想像する事もあるのかも知れません。
実際には「金のなる木」では無く「お金を貸してくれる人」や「お金を貸してくれる業者」が役に立ちますので、キャッシングサービスを利用するかカードローンの様なローンを利用するかという二択になると考えられます。
ここで念の為説明をしておきますと、次のような説明をする事が出来ましょう。
まずキャッシングは、基本は翌月に一括して支払う方法をとりますから、大きなお金ではなく比較的少額を出来るだけ早く借りたいという場合には適当な方法であると言えます。
一方、ローンの比較的纏まった大きな金額を借りる事が出来て、キャッシングに比較すればささやかですが金利が安上がりになるというメリットがあります。
基本的には以上の様な説明が正しいのですが、それぞれの消費者金融業者や銀行あるいは銀行系の金融業者間の競争により、その解釈はいささか異なってきております。
つまり、ローンとキャッシングのハイブリッド化が進んでいる様子で、ローンであっても即日融資が可能な業者も増えてきているのです。
それでは人気のあるカードローン業者には、どの様な特徴を持った業者があるのかをご紹介致します。
その一・財閥系銀行の中の一つである銀行が親会社であるので社会的信頼度が高い、ある大手の消費者金融業者です。
大変金利が安く実質年率が4.5パーセントから17.8パーセントであり、そしてポイントサービスという会員登録をしておけば、初回の1ヶ月間は無利息のサービスがありますから絶対に無視する事が出来ない業者である事は間違いありません。
また、最高融資額は500万円迄可能である事も付け加えておきます。
この消費者金融業者はカードローンを利用するのは一寸躊躇いを感じがちな女性の方に対して女性専用タイプも用意されており、スタッフは全員が女性のスタッフですから男性スタッフには話ずらい内容でも女性ならではの話でも安心して相談出来るというメリットがあります。
その二・こちらも財閥系銀行グループの消費者金融業者ですが、「その一」の業者の次に金利の安く、実質年率は4.7パーセントから18.0パーセントで、今ならご契約日の翌日から最大で30日間金利がゼロというサービスを、2014年1月31日迄実施しているのは見逃せません。
平日であれば午後2時までにインターネットの接続環境の整ったパソコンか、スマートフォン・携帯電話等があれば当該のホームページにアクセスをして契約の申込みが完了しておりかつ、本審査に合格出来れば即日振込が可能です。
あるいは、全国にある無人契約機にて契約が完了していれば即日融資をすることが出来ます。

Comments are closed.

Post Navigation